MagicalOok!Misa

ゲームAI関連情報などを。

【レビュー】DirectXシェーダプログラミング

バッファ確保して四角形とかを表示するところから始まって、 レンダリングステートとかいじいじしつつ、 ブルーム、グレア、パーティクルとかをいじいじする本でした。

DirectX11を触ってからDirectX9の本であるこの本を読んだため、 エフェクト構造体なにこれとか、扱える解像度の最大値が11と違うとか 思いながら読んでました。

レンダリングターゲットのコピーで、0.5ピクセルずらす処理とか全然気付いてなかったので、 なる…ほど…とか思った。

各種描画効果は、なんか半目で読んでた気がする。 縮小バッファの話は、これがKAWASE式…!とか思いながら読んでた気がする。

根っこからやってくれるので、もっと早く読んでおけば…って部分が気がするので、 DirectXを基礎からするのにはオススメだと思います。。

もうバッファがどうなろうが知ったこっちゃねーよ…とか思わなくもないけど、 やっぱり重要…!

おわり!

※ブログ移動のため、再掲載